松田 正久
1845 − 1914
[ まつだ・まさひさ ]
蔵相、法相、文相、衆議院議長、長崎県会議長
一覧 (マ) 本を入手 
エピソード 1調査中。
・ 佐賀藩士の次男に生まれ、同藩士松田家を継ぐ。
・ 藩校に学び、陸軍省命でフランスに留学、政治、法学を修める。
・ 「東洋自由新聞」の編集者。九州改進党の創立に参画し自由民権運動の発展に貢献。
・ 帰国後、裁判所に出仕し検事となるものち辞職。
・ 佐賀県から衆議院議員に当選。大隈内閣@で蔵相に就任。政友会の総務委員となる。
・ 伊藤内閣Cの文相、西園寺内閣@の法相、のち蔵相兼任。
・ 西園寺内閣A山本内閣@の法相を歴任。
1900/09/15   政友会結成 (総裁:伊藤博文
1900/10/19   伊藤内閣C成立 (首相:伊藤博文
1901/05/03   伊藤内閣C総辞職
1904/02/10   対露宣戦布告 (日露戦争勃発)
1905/09/05   ポーツマス条約調印 (首席全権:小村寿太郎日露戦争終結)
1906/01/07   西園寺内閣@成立 (首相:西園寺公望
1906/11/26   南満州鉄道株式会社(満鉄)設立 (総裁:後藤新平
1907/07/24   日韓協約B調印
1907/07/30   日露協約@調印
1908/06/27   西園寺首相、原・松田に辞意を表明
1908/07/04   西園寺内閣@総辞職
1911/08/30   西園寺内閣A成立 (首相:西園寺公望
1912/07/29   明治天皇崩御
1912/12/05   西園寺内閣A総辞職
1912/12/19   憲政擁護連合大会@ (護憲運動@開始)
1913/02/19   政友会議員総会、山本内閣@支持を決定
1913/02/20   山本内閣@成立 (首相:山本権兵衛
1913/06/13   軍部大臣現役武官制廃止
1913/06/13   政府、行政整理案発表 (官吏6428人を整理)
1914/01/23   シーメンス事件発覚 (島田三郎、国会で海軍高官の収賄を追及)
1914/03/05   松田正久没 (法相)
1914/03/24   山本内閣@総辞職
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。