ビアチェスラフ・モロトフ
1890 − 1986
首相、外相 / ロシア
一覧 (マ)   
エピソード 1調査中。
・ 
・ 
・ 
・ 
・ 
・ 
・ 
・ 
・ 
1917/03/15   二月革命 (皇帝ニコライ2世退位、ロマノフ朝滅亡)
1917/11/07   十月革命 (ソビエト政権成立)
1918/03/03   ブレスト・リトフスク条約調印 (ソビエト政府、独墺と講和)
1919/03/02   コミンテルン創立大会
1920/04/25   ソビエト・ポーランド戦争勃発 (〜10/12)
1921/03/08   ソ連、新経済政策(ネップ)を採択 (ロシア共産党大会I)
1922/12/30   ソ連邦成立
1928/10/01   ソ連、五ヵ年計画@開始
1934/12/01   キーロフ(レニングラード・ソビエト議長)暗殺 (粛清開始)
1936/12/05   臨時ソ連邦ソビエト大会、スターリン憲法を採択
1939/05/12   ノモンハン事件 (第23師団独断でソ連軍と戦闘)
1939/08/23   独ソ不可侵条約締結
1939/09/01   ドイツ軍、ポーランド侵攻開始 (第二次世界大戦勃発)
1939/09/17   ソ連軍、ポーランド東部に侵攻開始
1939/11/03   ソ連軍、フィンランド侵攻開始 (ソ・フィン戦争勃発)
1940/09/27   日独伊三国軍事同盟調印
1940/11/12   ヒトラー・モロトフ(ソ連外相)会談 (ベルリン)
1941/04/13   日ソ中立条約調印
1941/05/06   スターリン、(ソ連)首相就任
1941/06/22   独ソ戦開始
1943/02/02   スターリングラードのドイツ第6軍、全軍降伏
1943/11/28   テヘラン会談 (〜12/01)
1944/06/06   連合軍、ノルマンディー上陸作戦開始 (オーバーロード作戦)
1944/10/11   ソ連軍、ドイツ国境を突破
1944/11/07   スターリン、日本を侵略国と見なすと声明
1945/02/04   ヤルタ会談 (〜02/11)
1945/02/11   ヤルタ協定 (スターリン、対日参戦を約束)
1945/04/05   ソ連、日ソ中立条約の不延長を通告
1945/05/07   ドイツ、無条件降伏 (ベルリン陥落)
1945/07/17   ポツダム会談 (〜08/02)
1945/08/08   ソ連、対日参戦 (08/09 満州侵攻開始)
1945/08/30   ドイツ管理理事会設置 (米・英・仏・ソ)
1945/09/02   降伏文書調印 (全権:重光葵梅津美治郎/第二次世界大戦終結)
1947/10/05   コミンフォルム(欧州共産党情報局)設置
1948/06/24   ベルリン封鎖 (〜49/05/12)
1948/06/28   コミンフォルム、ユーゴスラビア共産党を除名
1949/10/01   中華人民共和国成立 (主席:毛沢東
1950/02/14   中ソ友好同盟相互援助条約調印 (モスクワ)
1950/06/25   朝鮮戦争勃発
引用モロトフは一見田舎教師のような風貌である。 それも数学教師といったところらしい。 事実、外見ばかりではなくて、彼の議論の進め方は数学的に正確である。 理路整然として、一分の狂いもない。 冷静沈着である。 それにきわめて強情である。 それだけに、融通性にとぼしい嫌いがある。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。