永野 修身
1880 − 1947
[ ながの・おさみ ]
海相、軍令部総長、連合艦隊司令長官、ジュネーブ・ロンドン軍縮会議全権、元帥海軍大将
一覧 (ナ)   
エピソード 1若い頃、本気で清水次郎長に弟子入りしようとした永野は、義侠心が篤く、 同僚のピンチには見て見ぬふりができぬ人。1941年9月5日もそうだった。 運命の御前会議を翌日に控えて心配を抑えられない昭和天皇が陸海軍の両総長を呼んだ。永野と参謀総長の杉山をだ。 天皇は、日米戦争の勝算について、杉山にきびしいつっこみを入れ、杉山は返事に窮する。得意のたとえ話で助け舟を出したのが永野だ。 日米関係を重病人にたとえ、手術しなくてすめばそれに越したことはないが、手術すれば助かる見込みも出てくると答えた。 手術とは戦争のたとえだ。この翌日、日米戦争へのタイムスケジュールが決定した。 永野が答えるべきは手術の成功率だっただろう。ああ、たとえ話。ああ、義侠心。
・ 高知県出身。海兵28期卒。海大8期卒。
・ 駐米武官、海兵校長、軍令部次長、横須賀鎮守府司令長官などを歴任。
・ ロンドン軍縮会議では全権として日本の脱退を通告。
・ 広田内閣の海相に就任し、「国策の基準」策定を推進。
・ 連合艦隊司令長官、軍事参議官などを経て、軍令部総長。
・ 海軍統帥の頂点にありながら、指導力を欠き、対米戦争回避にも終始消極的。
・ 部内の反対を人情論で押し切り、山本五十六連合艦隊司令長官ハワイ奇襲作戦を認可
・ 太平洋戦争開戦後も精彩を欠き、第二段作戦以降、敗勢を招く。のち元帥。
・ 戦後、A級戦犯に指定されるも、裁判中に病死。
1931/09/18   柳条湖事件 (満州事変勃発)
1936/01/15   ワシントン・ロンドン海軍軍縮会議脱退
1936/02/26   二・二六事件
1936/03/09   広田内閣成立 (首相:広田弘毅
1936/05/18   軍部大臣現役武官制復活
1936/11/25   日独防共協定調印
1937/01/23   広田内閣総辞職
1937/07/07   盧溝橋事件 (日中戦争勃発)
1940/09/27   日独伊三国軍事同盟調印
1941/04/13   日ソ中立条約調印
1941/04/16   日米交渉開始
1941/07/02   御前会議、「南進」「北進準備」を決定
1941/07/02   大本営、「関特演」発動
1941/07/28   南部仏印進駐
1941/08/01   アメリカ、対日石油輸出禁止
1941/09/06   御前会議、対米開戦を決意 (「帝国国策遂行要領」決定)
1941/10/17   白紙還元の御諚
1941/10/18   東條内閣成立 (首相:東條英機
1941/10/19   海軍軍令部、ハワイ攻撃作戦を認可
1941/11/15   大本営政府連絡会議、「対米英蘭戦争終末促進に関する腹案」決定
1941/11/26   ハワイ作戦機動部隊、ヒトカップ湾(エトロフ島)出港
1941/12/01   御前会議、対米開戦決定
1941/12/08   ハワイ奇襲攻撃 (AM03:25/太平洋戦争勃発)
1941/12/10   マレー沖海戦
1942/06/05   ミッドウェー海戦 (〜06/07)
1942/08/28   ポートモレスビー作戦中止
1943/04/18   海軍甲事件 (連合艦隊司令長官山本五十六戦死)
1944/02/21   東條首相兼陸相、参謀総長を兼任 (嶋田海相、軍令部総長兼任)
1945/08/15   玉音放送 (終戦の詔勅)
1946/04/29   A級戦犯容疑者28人の起訴状発表
1946/05/03   東京裁判(極東国際軍事裁判)開廷
1948/11/12   東京裁判、A級戦犯25被告に有罪判決
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。