永井 柳太郎
1881 − 1944
[ ながい・りゅうたろう ]
逓相、拓相、外務政務次官、民政党幹事長、大政翼賛会常任総務・東亜局長
一覧 (ナ) 本を入手 
エピソード 1調査中。
・ 石川県出身。同志社、関西学院を経て、早稲田大を卒業後、オックスフォード大に留学。
・ 帰国後、早稲田大で植民政策、社会政策、名著研究、英語を講ずる。
・ また、大隈重信主宰「新日本」の主筆として論陣を張る。
・ 憲政会から衆議院選挙に立候補し当選。
・ 原内閣を批判、「西にレーニン、東に原敬」と演説し懲罰を受ける。
・ 外務次官、民政党幹事長などを歴任後、斉藤内閣に拓相として初入閣。
・ 以後、近衛内閣@の逓相、阿部内閣の逓相兼鉄相を務める。
・ 大政翼賛会では常任総務、東亜局長などに就任。大日本育英会の創立とともに会長。
1931/09/18   柳条湖事件 (満州事変勃発)
1932/05/26   斉藤内閣成立 (首相:斉藤実
1932/09/15   満州国承認 (日満議定書調印)
1933/03/28   日本、国際連盟脱退
1933/04/22   滝川事件 (鳩山文相、滝川教授の辞職を京都帝大総長に要求)
1934/07/03   斉藤内閣総辞職
1936/02/26   二・二六事件
1937/06/04   近衛内閣@成立 (首相:近衛文麿
1937/07/07   盧溝橋事件 (日中戦争勃発)
1937/08/13   上海事変A
1938/04/01   国家総動員法公布
1938/05/26   近衛内閣@改造
1939/01/04   近衛内閣@総辞職
1939/08/30   阿部内閣成立 (首相:阿部信行
1939/09/01   ドイツ軍、ポーランド侵攻開始 (第二次世界大戦勃発)
1940/01/14   阿部内閣総辞職
1940/09/27   日独伊三国軍事同盟調印
1940/10/12   大政翼賛会発足
1941/12/08   ハワイ奇襲攻撃 (AM03:25/太平洋戦争勃発)
語録 国家の要路今やほとんど長閥の独占に帰し、 文官も、また武官も、長州人にあらずんば人にしてあらざるなり、 賞罰多く愛憎に出で、政刑しばしば情実に成る。 ここにおいて人心卑屈に流れ、 巧みに長閥に迎合し、阿諛媚佞を恥とせざる者は、 その地位を保ち、その禄に就くを得といえども、 直言硬骨の士は、すべて遠ざけられて、 その能を天下に致すを得ず、 かくのごとくにしていづくんぞ挙国一致を以て敵国外患に当るを得ん。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。