岡田 啓介
1868 − 1952
[ おかだ・けいすけ ]
首相、海相、連合艦隊司令長官、海軍大将
一覧 (ア) 本を入手【内閣成立史】
エピソード 1岡田内閣のとき、松尾伝蔵という義弟が首相秘書官だった。 彼は、万一の場合、身代わりになるつもりで、日頃から岡田そっくりの風貌をつくっていたようだ。 その備えが二・二六事件で生き、岡田と間違えられた松尾は死んだ。 岡田はのち、東條内閣倒閣運動や終戦工作で活躍するが、これもすべて伝蔵さんのおかげ。合掌。
・ 福井県出身。海兵卒、海大卒。日清、日露、第一次世界大戦に従軍。
・ 連合艦隊司令長官を経て、田中(義)内閣の海相。斉藤内閣で海相として再入閣。
・ 首相に就任するも、天皇機関説問題などで陸軍に翻弄される。
・ 二・二六事件では辛くも生き延びるも、内閣総辞職。以後重臣。
・ 太平洋戦争には終始消極的で、東條内閣倒閣、終戦工作に尽力。
1894/08/01   清国に宣戦布告 (日清戦争勃発)
1904/02/10   対露宣戦布告 (日露戦争勃発)
1905/09/05   ポーツマス条約調印 (首席全権:小村寿太郎日露戦争終結)
1912/07/29   明治天皇崩御
1914/07/28   オーストリア、セルビアに宣戦布告 (第一次世界大戦勃発)
1914/08/23   対独参戦 (宣戦布告)
1927/04/20   田中(義)内閣成立 (首相:田中義一
1928/06/04   満州某重大事件 (張作霖爆殺)
1928/06/29   治安維持法改正@
1929/07/02   田中(義)内閣総辞職
1931/09/18   柳条湖事件 (満州事変勃発)
1932/05/26   斉藤内閣成立 (首相:斉藤実
1932/09/15   満州国承認 (日満議定書調印)
1933/03/28   日本、国際連盟脱退
1934/07/03   斉藤内閣総辞職
1934/07/08   岡田内閣成立 (首相:岡田啓介
1935/02/19   天皇機関説問題 (菊池武夫、貴族院で天皇機関説を非難)
1935/08/03   政府、国体明徴声明@
1935/08/12   相沢事件 (永田軍務局長斬殺)
1935/10/15   政府、国体明徴声明A (天皇機関説は国体に背くと明言)
1936/02/26   二・二六事件
1936/02/28   岡田内閣総辞職
1937/07/07   盧溝橋事件 (日中戦争勃発)
1940/09/27   日独伊三国軍事同盟調印
1941/12/08   ハワイ奇襲攻撃 (AM03:25/太平洋戦争勃発)
1944/06/16   岡田元首相(海軍大将)、嶋田海相に辞任を勧告
1944/07/18   東條内閣総辞職
1945/08/15   玉音放送 (終戦の詔勅)
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。