大角 岑生
1876 − 1941
[ おおすみ・みねお ]
海相、海軍次官、海軍軍務局長、横須賀鎮守府司令長官、第2艦隊司令長官、海軍大将
一覧 (ア)   
エピソード 1調査中。
・ 愛知県出身。海兵卒。海大卒。
・ 日露戦争では、閉塞隊員として旅順口閉塞作戦Bに参加。
・ ドイツ駐在、フランス駐在などを経て、パリ講和会議に随員として出席。
・ 軍務局長など歴任後、加藤(高)内閣に海軍次官となり、軍政面に手腕を発揮。
・ 第2艦隊司令長官、横須賀鎮守府司令長官などを歴任後、犬養内閣で海相に就任。
・ 五・一五事件で軍事参議官となるも、続く斉藤内閣岡田海相が辞任すると再び海相に。
・ 海相としては、統帥権干犯問題に人事、機構改革などで艦隊派寄りの政策をとる。
・ 岡田内閣に留任。二・二六事件で内閣が総辞職するまで海相を務める。
・ 靖国神社第1次合祀祭臨時大祭委員長のあと、寺内寿一陸軍大将とともに独伊に出張。
・ 帰国後、飛行機事故で死亡。
1904/02/10   対露宣戦布告 (日露戦争勃発)
1904/05/03   旅順口閉塞作戦B
1905/05/27   日本海海戦 (〜05/28/連合艦隊司令長官:東郷平八郎
1905/09/05   ポーツマス条約調印 (首席全権:小村寿太郎日露戦争終結)
1912/07/29   明治天皇崩御
1914/07/28   オーストリア、セルビアに宣戦布告 (第一次世界大戦勃発)
1919/01/18   パリ講和会議開催 (〜06/28/首席全権:西園寺公望
1919/06/28   ベルサイユ条約調印 (北京政府、調印拒否)
1923/09/01   関東大震災
1930/04/22   ロンドン海軍軍縮条約調印
1930/04/25   統帥権干犯問題 (犬養毅鳩山一郎が追及)
1930/10/03   財部海相辞任
1931/09/18   柳条湖事件 (満州事変勃発)
1931/12/13   犬養内閣成立 (首相:犬養毅
1932/01/28   上海事変@勃発
1932/05/15   五・一五事件 (犬養首相暗殺)
1932/05/16   犬養内閣総辞職
1932/05/26   斉藤内閣成立 (首相:斉藤実
1932/09/15   満州国承認 (日満議定書調印)
1933/03/28   日本、国際連盟脱退
1934/07/03   斉藤内閣総辞職
1934/07/08   岡田内閣成立 (首相:岡田啓介
1935/02/19   天皇機関説問題 (菊池武夫、貴族院で天皇機関説を非難)
1936/02/26   二・二六事件
1936/02/28   岡田内閣総辞職
1937/07/07   盧溝橋事件 (日中戦争勃発)
1940/09/27   日独伊三国軍事同盟調印
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。