朴烈
1902 − 1974
[ ぱく・れつ(よる) ]
朝鮮独立運動家、アナーキスト、在日本大韓民国居留民団(民団)団長@
一覧 (ハ) 本を入手 
エピソード 1調査中。
・ 韓国出身。中学の頃から民族独立の思想に目覚め、師範学校在学中、三・一運動に参加。
・ 弾圧を逃れて渡日、日本人アナーキストや共産主義者と交わる。
・ 金子文子と同棲、ともに「太い鮮人」などを発行。不逞社を設立。
・ 大震災時、金子とともに予防検束される。
・ のち皇太子爆殺計画の首謀者とされ、大逆罪で死刑判決。恩赦で無期懲役に減刑。
・ 戦後出獄。新朝鮮建設同盟を結成。民団団長@。
・ 団長選挙に落選後、韓国に帰国。李承晩政権の国務委員となる。
・ 朝鮮戦争の際、北朝鮮に連行される。
1919/01/21   李太王
1919/03/01   三・一(万歳)事件 (京城パゴダ広場で朝鮮民衆が独立宣言)
1923/09/01   関東大震災
1923/09/02   朴烈・金子文子夫妻逮捕
1925/04/22   治安維持法公布
1925/10/20   朴烈事件 (朴烈・金子文子夫妻を大逆罪容疑で起訴)
1926/03/25   大審院、朴烈・金子文子に死刑判決 (04/05 無期懲役に減刑)
1926/07/29   朴烈怪写真事件
1929/11/03   光州学生運動
1931/09/18   柳条湖事件 (満州事変勃発)
1932/01/08   桜田門事件 (犯人:李奉昌/犬養首相辞表提出)
1932/04/29   上海爆弾テロ事件 (犯人:尹奉吉)
1932/05/15   五・一五事件 (犬養首相暗殺)
1939/12/26   朝鮮総督府、朝鮮人の氏名に関する件公布 (創氏改名)
1941/03/31   朝鮮総督府、朝鮮語の学習を廃止
1941/12/08   ハワイ奇襲攻撃 (AM03:25/太平洋戦争勃発)
1945/08/08   ソ連、対日参戦 (08/09 満州侵攻開始)
1945/08/12   ソ連軍、朝鮮半島上陸 (08/29 北朝鮮全域を掌握)
1945/08/15   玉音放送 (終戦の詔勅)
1945/08/15   朝鮮建国準備委員会結成 (ソウル)
1946/02/08   臨時人民委員会設立 (主席:金日成
1948/09/09   北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)成立 (首相:金日成
1949/10/01   中華人民共和国成立 (主席:毛沢東
1950/06/25   朝鮮戦争勃発
語録 国家とは人間の身体、生命、財産、自由を絶えず侵害し、蹂躙し、劫略し、脅威するところの組織的大強盗団である。 大規模の略奪株式会社である。法律とは国家という大強盗団の、国家という略奪会社の、専売を憎悪し、 それに反抗する者に対する脅迫である。 議会は国家という大強盗団の代表者会である。 国家および略奪会社の株式会社の代表者会である。 次に天皇とは国家という強盗団の、国家という略奪会社の偶像である。神壇である。
引用朴烈は本名を朴準植といい、朝鮮慶尚北道に生れた。朴烈は通称である。
問 被告ノ年齢ハ?
答 ソンナコトハドウデモヨカロウデハナイカ。
問 被告ノ戸籍謄本ニヨレバ、被告ハ明治三十五年二月三日生レトアルガ、ドウカ。
答 多分、ソウデアロウ。生レタ日ヲ知ッテイル人ガアルカ。
問 職業ハ雑誌発行人カ。
答 オレハ職業トイウモノヲ認メテオラヌ。強イテイエバ、ソレハ不逞業トイウノデアロウ。
問 住所ハ?
答 君ノイワユル住居ガ現在居ルトコロヲ意味スルナラバ、市ヶ谷刑務所デアル(第一回予審訊問調書)。
当時数えで二十五歳であった。
生家は貧乏していたが、両班といって上流階級の家柄だった。 彼は公立普通学校を卒業してのち、京城高等普通学校師範科に入学したが、三年で退学した。
そのころロシヤ革命の影響などあって、第一次世界大戦後は民族自決の風潮がおこり、 朴烈も朝鮮独立運動や大正八年の万歳事件などをみて、民族主義の血を沸かした。 しかし、朝鮮では弾圧がきびしいので、東京で運動をやろうと考えて日本にきた。
朴烈ははじめ民族主義者であったが、次第に無政府主義者となり、次に虚無主義へと考えが変っていった。 無政府主義に共鳴したのは、大杉栄、岩佐作太郎のもとに出入りしているうちに影響をうけたのである。
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。