曾禰 荒助
1849 − 1910
[ そね・あらすけ ]
蔵相、農商務相、法相、韓国統監、駐仏公使、衆議院副議長
一覧 (サ)   
エピソード 1調査中。
・ 山口県出身。長州藩士の三男に生まれる。
・ 戊辰戦争に従軍、維新後フランスへ留学。帰国後、一次陸軍省出仕。
・ のち内閣に移り帝国議会開設の準備にあたる。議会開設とともに衆議院書記官長に就任。
・ 代議士、衆議院副議長を経て、駐仏公使に転じ、条約改正交渉にあたる。
・ 伊藤内閣Bの法相、山県内閣Aの農商務相を歴任。
・ 桂内閣@の蔵相として日露戦争の戦時財政を担当する。
・ 韓国統監府設置とともに伊藤博文の下で副統監を勤める。のち統監。
・ 政府の韓国併合方針に反対し統監を辞任。直後に病死。
1901/06/02   桂内閣@成立 (首相:桂太郎
1902/01/30   日英同盟@調印
1904/02/10   対露宣戦布告 (日露戦争勃発)
1904/02/17   閣議、外債募集方針を決定
1904/04/01   煙草専売法公布
1904/05/10   ロンドン・ニューヨークで外債募集@
1905/09/05   ポーツマス条約調印 (首席全権:小村寿太郎日露戦争終結)
1905/09/05   日比谷焼き打ち事件 (〜09/06)
1905/12/20   韓国統監府設置 (12/21 伊藤博文を韓国統監に任命)
1905/12/21   桂内閣@総辞職
1907/07/03   伊藤統監、韓国皇帝にハーグ密使事件を追及
1907/07/19   韓国皇帝、譲位の詔勅を発表
1907/07/24   日韓協約B調印
1907/08/01   韓国軍解散式
1909/10/26   伊藤博文射殺事件
1910/05/30   寺内正毅を韓国統監に任命 (陸相兼任)
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。
「曾根荒助」「曽根荒助」は表記に誤りがあります。