島田 三郎
1852 − 1923
[ しまだ・さぶろう ]
衆議院議員
一覧 (サ)   
エピソード 1調査中。
・ 静岡県出身。幕府御家人の家に生まれる。
・ 「横浜毎日新聞」翻訳記者を経て、官界入り。のち下野。立憲改進党結成にも参画。
・ キリスト教徒となり、人道主義の立場から、言論・政治活動を展開。
・ 第一回総選挙以来、衆議院議員として足尾銅山鉱毒事件や労働問題などを追及。
1902/01/30   日英同盟@調印
1904/02/10   対露宣戦布告 (日露戦争勃発)
1914/01/23   シーメンス事件発覚 (島田三郎、国会で海軍高官の収賄を追及)
1912/07/29   明治天皇崩御
1922/11/08   革新倶楽部結成 (犬養毅尾崎行雄島田三郎ら)
1923/09/01   関東大震災
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。