堺 利彦
1871 − 1933
[ さかい・としひこ ]
社会主義者、日本共産党初代委員長、「平民新聞」「万朝報」記者、小学校教員
一覧 (サ) 本を入手 
エピソード 1調査中。
・ 福岡県出身。大阪で小学校教員や新聞記者を勤めるかたわら、小説を発表。
・ 「万朝報」に入社、家庭や生活の改良を説く。
・ 対露強硬論が主流の中、幸徳秋水内村鑑三とともに「万朝報」で反戦論を展開。
・ 「万朝報」の方針転換で退社幸徳らと「平民新聞」を興し戦争中も反戦を主張。
・ 日本社会党を結成、直接行動論を主張、片山潜ら議会政策論と対立。
・ 赤旗事件で入獄、結果的に大逆事件の難を免れる。
・ 出獄後、売文社を設立、記事代行業で生活を支え、時期を待つ。
・ 社会主義思想研究・紹介の一方で、普選、労働運動とかかわり運動の拡大を図る。
・ 日本共産党を秘密結社として結成。初代委員長。
・ 共産党事件で逮捕、保釈釈放後、共産党を離れ、社会民主主義左派の立場をとる。
1902/01/30   日英同盟@調印
1903/10/12   幸徳秋水・堺利彦・内村鑑三、万朝社退社
1903/11/15   週間「平民新聞」創刊 (幸徳秋水堺利彦ら/唯一の反戦派新聞)
1904/02/10   対露宣戦布告 (日露戦争勃発)
1905/01/29   「平民新聞」廃刊
1905/09/05   ポーツマス条約調印 (首席全権:小村寿太郎日露戦争終結)
1906/01/28   日本社会党結成 (堺利彦ら)
1908/06/22   赤旗事件
1910/05/25   大逆事件、検挙開始 (宮下太吉逮捕)
1910/12/24   売文社設立 (堺利彦
1911/01/18   幸徳秋水ら24名に死刑判決 (大逆事件)
1912/07/29   明治天皇崩御
1922/07/15   日本共産党結成 (委員長:堺利彦/秘密結社)
1923/06/05   共産党事件 (堺利彦ら検挙)
1923/09/01   関東大震災
1931/02/11   堺利彦、寺子屋式農業学校開校 (福岡県行橋町)
1931/09/18   柳条湖事件 (満州事変勃発)
1933/01/23   堺利彦
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。