「昭和史発掘」
参考書籍
一覧 データ 10 11 12 13
著者: 松本清張(まつもと・せいちょう)
発行: 文藝春秋
書籍: 全13巻/文庫
初出: 週刊文春(1964/07〜1971/04)
定価: 各円(税別)
補足情報:
前半にも「石田検事の怪死」をはじめ、興味津々たる題目が並んでいるが、 なんといっても、第七巻以後七冊にわたって詳細に追及されている「二・二六事件」の叙述がすばらしい。 わけても、特設軍法会議の暗黒裁判をえぐり出した最後の三巻が圧巻である。 (「解説にかえて」家永三郎)
第1巻を入手
※ 「クリック20世紀」では、引用部分を除いて、固有名詞などの表記を極力統一するよう努めています。